今回は、秒速5センチメートルの聖地の中でも、踏切についてご紹介していきます。踏切のシーンは映画を象徴するシーン。主人公の切ない気持ちを表現する大切な場面ですね。聖地めぐりの中でもハイライトとなる場所ですので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?それでは、さっそく順番に見ていきましょう!

>>>秒速5センチメートル 聖地 【東京周辺編】

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

秒速5センチメートル 踏切の聖地はどこ?

 

秒速5センチメートルの踏切のシーンは2回あります。どちらも近くですので、両方順番に訪れるのがおすすめです。

 

  • 参宮橋近くの参宮橋1号
  • 参宮橋近くの参宮橋3号

出典:https://www.google

小田急線参宮橋駅の近くにあります。明治神宮や代々木公園のすぐ近くですね。

 

秒速5センチメートル 踏切のシーンをおさらい!

 

それぞれの踏切について、登場した順番に、どんなシーンだったのかおさらいしてみましょう。

参宮橋1号

2人が小学校時代、登下校の道路で帰宅時に明里が貴樹を置いて走って坂を駆け降りたその先に踏切があります。(こじんまりとした踏切です)。明里だけが先に行ってしまい、貴樹は踏切に引っかかり、こちら側と向こう側に分かれてしまいます。

出典:http://www.cwfilms

まるで引き裂かれた2人を表しているようなシーンです。明里が「来年もまた一緒に桜が見れるといいね」と言うシーンでもあり、踏切のカットは切なくもあります。

 

ちなみにこちらの踏切は、駅の近くなので人通りが多いのが注意ポイント。写真を撮りたい場合は、人が通りすぎるのを待って、邪魔にならないように気を付けましょう!

参宮橋3号

ラストシーンで、偶然2人がすれ違うシーンです。踏切を渡り切り貴樹は後ろを振り返ります。過去を思い出している貴樹の心情がよく伝わってきます。そして振り向かない明里。明里はちゃんと前に進んでいる印象を持ちました。そんな明里の姿を見て、貴樹はホッと出来てようやく笑顔になれ前に踏み出します。

出典:http://www.cwfilms

明里は貴樹よりもずっと前に、思い出は胸にしまい前に進んでいる様子が読み取れましたが、貴樹は明里との思い出にずっと引きずられ、ずっと踏みとどまっている様子でした。でも明里のしっかりとした姿を見る事が出来、笑顔になれた貴樹。最後はハッピーエンドぽく終わり、本当にホッとしたラストでした。

 

新海誠監督の映画は、背景描写が細かいことでも評価されているようですが、この踏切も敷石までリアルに表現されています。新海監督は、映画を作るときに大量の写真を撮影して、それをもとに背景を作っているのだそう。

 

映画と同じように写真をとるファンの方も多いようですね。できれば、桜の咲く時期に訪れたほうがよいですね!同じようなシーンを再現できるかもしれません。スマホ片手に、映画と現地を見比べながら聖地巡礼してみませんか?

出典:http://www.cwfilms

今回は、秒速5センチメートルの聖地の中でも、重要なシーンである「踏切」に焦点を当ててご紹介してみました。栃木東京種子島にも秒速5センチメートルの聖地がありますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

参考URL:

http://chindoutyu.blog.shinobi.jp/%E8%B6%A3%E5%91%B3/%E3%80%90%E8%81%96%E5%9C%B0%E5%B7%A1%E7%A4%BC%E3%80%91%E7%A7%92%E9%80%9F5%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%EF%BD%9E%E5%B0%8F%E7%94%B0%E6%80%A5%E7%B7%A8%EF%BD%9E

 

http://tyanmotsu.blog.fc2.com/blog-entry-151.html

 

http://www.odakyu.jp/station/sangubashi/

 

>>>秒速5センチメートル 聖地 【種子島編】