ほしのこえは君の名はの新海誠監督の、自主制作フルデジタルアニメーションで、デビュー作でもあります。ネタバレも含めて、どういった作品であるのかその魅力を探っていきたいと思います。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

ほしのこえ あらすじ


時は2046年の日本。中学3年生の美加子と昇はお互いに恋心を抱いていました。同じ高校に進学しようと話していたのですが、美加子はNASAを壊滅させたタルシアンと戦うための国連宇宙選抜軍のメンバーに選ばれてしまうのです。

美加子は宇宙に出発し、日本にいる昇と離れ離れになってしまいます。そこで、二人はメールを交換することで、連絡を取り合います。

しかし、距離が離れていくにつれ、メール送信にも時間がかかるようになっていきます。数日から数週間、ついには年単位にまでメール送信に時間がかかっていくようになってしまいます。しだいにメールを待ち続ける昇は苛立ちを募らせるようになります。ついには、昇はメールを待つことをやめてしまうのです。

美加子は地球から時間にして8年半も離れた宇宙におり、24歳になった昇に届くあてもないメールを送ります。「24歳になったノボルくん、こんにちは! 私は15歳のミカコだよ。ね、わたしはいまでもノボルくんのこと、すごくすごく好きだよ」美加子の率直な気持ちが伝わるとても切なくなるメールですね。

ほしのこえ 結末とネタバレ

メールでの連絡がなかなかとれないまますれ違ってしまう美加子と昇はどうなってしまうのでしょうか?

メールを送った直後、美加子たちが上陸していた惑星アガルタに、タルシアン群体が出現し、戦闘が始まります。他の艦隊が続々と撃沈されていくなか、美加子は所属するリシテア艦隊を守るため、一人タルシアンに立ち向かいこれを撃破します。しかし、美加子は宇宙空間に落ちて行ってしまうのです。

8年半後、昇は24歳になり美加子を追うように艦隊に勤務することが決まっていました。そのとき、美加子からメールが届きます。それは、15歳の美加子が戦闘前に昇への思いをつづったメールでした。届いたのは最初の2行だけでしたが、美加子の伝えたいことが昇にはわかりました。

美加子の生死は不明ですが、リシテア艦隊だけがタルシアンに勝利したということが24歳の昇の部屋にある新聞記事から読み取れます。二人が会えたかどうかもわかりませんが、想像力をかきたてる結末でした。

ほしのこえ 感想

新海監督のデビュー作ですが、君の名はの美しい映像の片鱗を感じさせてくれます。特に宇宙の映像は美しいです。現在のアニメに比べると映像の粗さはありますが、監督ひとりですべてを行ったということで、デビュー時からの監督のすごさを感じます。

ストーリーについては、超がつくほどの遠距離恋愛のような感じで、メールの届かないもどかしさや会えない切なさを強く感じさせてくれます。特に遠距離恋愛の経験のある人にとっては胸が苦しくなるような映画だと思います。切ないだけのラストではなく、美加子が生きているかもしれないという期待を抱かせてくれるので、どうなったか想像するのも楽しい映画でした。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪