新海誠監督の秒速5センチメートル。映画を原作に、マンガにもなっています。今回は、漫画1巻のあらすじ、内容と感想をまとめてみました。

★新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれてオススメです♪

⇒ U-NEXT

秒速5センチメートル漫画とは?

秒速5センチメートルの漫画は、2010年 11/22に発売されました。

第1話「桜花抄」
第2話「焦燥」
第3話「思い出話遠くの日々」
第4話「カナエの気持ち」
第5話「コスモナウト」

以上5話の物語が入っています。

同名の映画もありますが、漫画は映画よりも更に詳しく、新たな物語も入っています。

秒速5センチメートル 漫画1巻のあらすじ

静岡の田舎から東京へ転校してきた小学4年生の体の弱い女の子、篠原明里と その前年に長野の田舎から転校してきた喘息持ちの男の子、遠野貴樹。同じクラスの2人の出会いから別れが切なく描かれています。

明里は転校してきてから、お気に入りの場所を見つけます。1つ目は学校の図書館。本を借りようと思うといつも先に遠野君が読んでいる事に気付きます。

2人共に体が弱く図書館は2人がよく行く場所であり、2人だけの安らげる場所でもありました。そしてもう1つのお気に入りの場所は通学路の桜の木です。こちらも遠野君はすでに知っている場所で遠野君にとってもお気に入りの場所でした。

ちなみに、‘秒速5センチメートル’は 桜の花びらが落ちる速度を意味します。

境遇の似ている2人は、お互いに他人にはわからない特別な想いをそれぞれ持っていましたが、クラスの子達にからかわれ距離をとるようになってしまいます。そして、明里は小学校卒業と同時に栃木へ引っ越す事が決まり、別れる事になってしまいます。中学に入学し、夏が来た頃 明里から手紙が届きそれをきっかけに文通する事になりました。

しかし冬になると今度は貴樹が種子島へ引っ越す事になってしまい、2人の距離は更に遠のいてしまい、もう会えなくなるかもしれないと思った貴樹は栃木に住む明里に会いに行く決心をします。

大雪の日、明里への手紙を持った貴樹の電車での大冒険が始まります。しかし大雪のせいで電車は途中で停車し閉じ込められたり、にぎりしめていた明里への手紙が飛ばされてしまったりし、ようやく駅に着いたのは夜遅い23時15分。それでも明里は待ってくれていて、ようやく2人は会う事が出来ました。

そして桜の木の下でそっとキスをかわします。明里もまた手紙を書いていましたが渡すことなく2人はそのまま別れました。

高校生になってからは貴樹と貴樹の同級生、澄田花苗2人が主に描かれています。花苗が貴樹に恋をしているが、貴樹はいつも携帯のメールを見ていて、2人がどんなに仲良くなっても貴樹には想う人が居ると花苗にはわかり、花苗の切ない女心が深く描かれています。

秒速5センチメートル 漫画1巻の感想

明里と貴樹は運命的な出会いをし、誰よりもお互いを想い、誰よりもお互いを必要としていたのに、必然的な別れで引き裂かれ、あまりにも遠すぎる距離が結局2人の距離を縮められず別れる事になってしまい、読者にはすごく切ない物語でした。

その後の花苗との出会いも明里の事をひきずっていなければ、もっと違う人生だったろうに、そんなにも想っているのなら、どうして明里に対して何も出来ず終わってしまったんだろう・・・と何だか納得のいかないストーリーでした。

本当に切なく、初恋は儚いんだと強く思うお話でした。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪