彼女と彼女の猫は、新海誠監督が始めて公開したショートムービーです。その世界観をより深く描いた、同名の小説も発売されています。今回は、彼女と彼女の猫の小説の感想やあらすじについてご紹介します。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

彼女と彼女の猫 小説のあらすじ

彼女と彼女の猫の、原作(動画)はわずか5分ほどです。ほぼ新海監督の声で語られ、新海ワールドが感じられる作品となっています。

⇒彼女と彼女の猫【動画】と評価はこちら

彼女と彼女の猫は、小説ではいくつかの話に区切られています。順番に見ていきましょう。

≪チョビと美優≫

捨て猫のチョビは教師をしている美優に拾われ「彼女の猫」になります。

チョビはミミというガールフレンドが出来ますが、大人の女性が好きだとミミに告げました。それでもミミは結婚をしようと言いますがチョビは断ります。

ある日、長い時間電話をし終わって美優が泣いています。チョビは心配になりますが何も出来ません。

電話の相手はノブです。二人の関係は微妙で好き合っているか分からずにいました。

自分の気持ちを伝える事が苦手な美優はノブに確認するが出来ません。もし付き合っている事がはっきりすれば、ノブの事が好きかもしれない友達の珠希の事を裏切る事になってしまうと思っていたからです。

しかし、その後ノブと美優の関係がバレてしまい友達の仲は悪くなってしまいます。美優はノブに付き合っていたのかと確認すると責任を逃れる言い方をしました。

二人の関係は終わり、美優は恋人と友達を同時になくしてしまいました。

≪ミミと麗奈≫

麗奈は美術系の専門学校生で猫を飼う余裕がなく、気が向いた時だけミミに猫缶を上げていました。ミミは麗奈の事や、麗奈の描く絵が好きで彼女の元によく訪れました。

ある日、ミミはチョビという紳士的なオス猫と出会い一目ぼれをし、ボーイフレンドとなりますが、チョビから振られてしまいます。

その後、ミミが遠出をした際に体の大きな猫と出会い子供を授かります。

麗奈の絵は、他の学生より秀でていましたが上手く評価されず、彼女は就職を考えていました。そこでデザイン事務所でインターンとして働き始めました。

自分の腕がチーフから評価されていると思っていた麗奈は、実際は体が目的だった事を知ります。チーフに媚びんでいるだけで何も進んでいない自分に徐々に自信を失くします。

ミミに出産が近づき、どうしていいのか分からず麗奈は雅人に頼ります。体の弱いミミは命がけで出産し、無事に子猫を産みました。この事を切っ掛けに麗奈と雅人は仲良くなりました。

≪クッキーと葵≫

ミミは4匹の子猫を産みました。その中の一番小さい猫がクッキーです。

葵は絵が描く事が好きで親友の麻里と漫画を描いていました。絵は葵で、物語は麻里です。

二人の漫画が認められ仕事が増えましたが、麻里は物語を考える事ができません。葵の為に考えていた物語を読者の為に考える事が出来なかったからです。

その事に不信感をもった葵は麻里にひどい事を言ってしまいます。

数日後、麻里は急性心不全で亡くなってしまいました。亡くなったのは自分のせいと思った葵は家に引きこもります。

それからクッキーが老夫婦に引き取られます。そこでクッキーと葵が出会います。

初めは心を開かなかった葵は、大切な麻里のミサンガをクッキーが見つけた事を切っ掛けにクッキーを構うようになりました。

ある日、クッキーはチョビ達から母親のミミの具合が悪い事を聞き、家を飛び出します。葵はクッキーが脱走した事を知り、これ以上大切な何か失いたくないと思い、引きこもっていた家から出てクッキーを探します。

そして、クッキーはミミの元へ、葵は麗奈の家の前でクッキーを発見する事が出来ました。

≪クロと志乃≫

クロにはジョンという仲良しの犬がいます。ジョンは自分の命がもう長くない事を知り、飼い主の志乃をクロに託し姿を消します。

クロはジョンの小屋に通い始め、志乃と出会います。通う事が面倒になったクロはそこで寝泊まりを始めます。

志乃は今は一人で暮らしています。ジョンが居なくなってから、志乃の夢に出てきました。そこでジョンは志乃に願い事は何かと尋ねます。志乃は毎朝ご飯を作って欲しいと答えました。

ある日、志乃の元に甥っ子の亮太が訪れます。亮太は、就職先がブラック企業だった為、精神的に病んでしまいそうになり志乃の元へ来たのです。志乃は快く受け入れます。

冬の雪の日、クロはジョンの気配を感じて、走り出しました。それに気付いた亮太も走ります。
そこで、クロはチョビと遭遇し、亮太はチョビの飼い主の美優と出会いました。

志乃の願いは、亮太が毎朝朝ごはんを作ってくれる事で叶い、チョビの願いは亮太と美優が出会った事で叶い、クロの願いだった志乃の幸せは亮太とクロが居る事で叶いました。

クロは野良猫と言い張っていましたが、心の中では志乃の飼い猫と認めていたようです。

彼女と彼女の猫 小説と短編映画の違いは?

彼女と彼女の猫 黒猫短編映画はチョビと彼女という表現ですが、小説では名前が美優とされていて、他にも何匹かの猫と女性が登場します。

小説の中のチョビのイメージは紳士的でかっこいい猫ですが、映画のチョビはとてもかわいらしい感じでした。

彼女がなぜ泣いていたのか、映像では想像する事しかできませんが、小説では詳細が分かります。

彼女と彼女の猫 小説の感想

優しさや温もりのあるほっこりする作品でした。

「僕も、それから多分彼女も、この世界が好きだと思う」という言葉には監督のメッセージが含まれているようでした。楽しいことばかりでなく悲しいことも辛いこともたくさんあるけれど全てを受け止めて生きていくという様に感じました。

「雪は全ての音を吸いこんで、でも彼女の乗った電車の音だけは、ぴんとたちあがった僕の耳にとどく。」

この言葉は飼い主を思う表現で印象的でした。家に帰ると、足音で誰が帰ってきたか分かるペットを思い出します。

言葉は通じないけれどお互いに思いやる心に、優しい気持ちになりました。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪