映画、君の名は。は、驚異的な大ヒットを記録しています。すでに映画を何度も観に行ったという人も多いのではないでしょうか。この映画のラストは、記憶をなくした二人が再会し、互いに名前を尋ねるところで終わっています。この後の展開が気になる方も多いようですね。では、映画のあらすじも含めて、瀧と三葉のその後を予想していきたいと思います。

>>>君の名はあらすじ!ネタバレとラストの展開

君の名は。あらすじ

 

 ある朝目覚めると、東京に住む高校生のと、田舎町に住む三葉の身体が入れ替わっていました。夢であると思っていたのですが、不定期に入れ替わることがわかった二人は、次第に現実であると理解するようになり、互いの存在を意識するようになります。入れ替わりが突然起こることに対応するため、二人は1日の終わりにスマホに日記を残し、お互いにあった出来事を知らせるようにしました。

 

しかし、瀧が三葉のおかげで憧れの奥寺先輩とデートしたことをきっかけに、入れ替わりが起きなくなります。瀧は三葉のことが気になり、自らが描いたスケッチを頼りに、三葉の住む糸守町を探しに行きます。

出典:http://kiminona

しかし、瀧がようやくたどり着いた糸守町は、3年前の彗星落下により消滅しており、三葉他多数の町民が亡くなっていたのです。三葉が亡くなっていたことで、入れ替わりもできなくなっていたのでした。そこで瀧は三葉と入れ替わっていた時に、宮水神社に奉納した口噛み酒を思い出し、もう一度三葉と入れ替われるようにと口に含みます。すると、3年前の彗星落下の前の三葉に入れ替わることができたのです。

 

瀧と入れ替わった三葉は糸守町の消滅を目の前にし、呆然とします。瀧は、糸守町の町民を彗星落下から守ろうと、三葉の幼なじみとともに町民を避難させる計画を立てます。そのとき、瀧は山の上に三葉がいるように感じ、互いに名前を呼びあいます。そして、カタワレ時に、二人はついに初めての出会いを果たすのです。

出典:https://twitter

瀧は三葉に組紐を渡し、町民の命を三葉に託します。しかし、カタワレ時が終わると互いの身体に戻った二人は入れ替わりの記憶をなくしてしまうのでした。糸守町は、三葉たちの活躍により、彗星の落下で町は消滅しましたが、ほとんどの町民は生き残ることができたのでした。

 

彗星落下から8年後、二人は電車の中でお互いの姿を見つけます。二人は電車を降り、追いかけます。そして、ついに再会した二人は尋ねるのです。「君の名は?」

感動的な神社前の階段でのシーンですね。

 

瀧と三葉、その後はどうなった?

 

出典:http://kiminona

 ラストシーンが互いの名前を呼んでいるところで終わっているので、その後の二人がどうなっているのか気になりますね。この物語には続編はないのですが、ネットなどではその後の二人を想像して小説などを書いている人もいます。

 

三葉の祖母にも入れ替わりの記憶があるということなので、瀧と三葉の入れ替わりの記憶も戻るかもしれませんね。二人はお互いへの強い思いがあって再会できたと思うので、これから二人は互いにまた交流をもっていけるのではないでしょうか。そうあってほしいと思います。

>>>君の名は 解説!ラストの意味とその後を予想!