公開直後から評価が高く話題の映画「君の名は。」ですが、主題歌を歌っているのはBUMP OF CHICKENではないか?との噂がありました。
今回は、「君の名は。」の主題歌を歌っているのは誰なのか?どんな歌なのかをまとめていきます。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

君の名は主題歌はバンプじゃない!?誰が歌ってる?


映画「君の名は。」の主題歌は全部で4曲あり、その全てをRADWIMPSというグループが歌っています。
では何故、BUMP OF CHICKENが主題歌を歌っているという噂が流れたのでしょうか。
実はRADWIMPSとBUMP OF CHICKENのヴォーカルの声が瓜二つなのです。
あまりに歌い方や声がそっくりなため、何かと引き合いにだされるようです。バンドに詳しくないと、勘違いしてしまうのも仕方がないですね。

「前前前世」の歌詞は物語とリンクしている?考察

4つある主題歌のうちでも「前前前世」は、ロックサウンドが生み出す疾走感とキャッチーなメロディで人気を獲得しています。予告映像で用いられているのもこの曲ですね。
そこでここでは、「前前前世」の歌詞と、「君の名は。」の内容について考えていきたいと思います。

曲は”やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合わせやしないんだい?”というフレーズから始まります。
映画の始まりも”眼を覚ます”ところからで、これは物語上の重要な要素となっています。
しかし、二人は決して眼をあわせることはできません。
最初の一文が物語の大きなテーマを含んでいます。

”遅いよと怒る君 これでもやれるだけ飛ばしてきたんだよ”
瀧と三葉が出会うまで相当時間がかかりました。
本当に出会えるのは物語の最後ですから、そのことを表しているのかもしれませんね。

そして、”心が体を追い越してきたんだよ”につながります。
二人が入れ替わったのは、ある意味”心が体を追い越してきた”からかもしれません。

”君の前前前世から僕は 君を探しはじめたよ
そのぶきっちょな笑い方をめがけて やってきたんだよ”
曲のサビ部分は映画の世界観そのものを表しています。
今ではなく、過去から探すことで、今を変えられるかもしれない。過去が物語の重要な要素だということがわかります。

”君が全然全部なくなって チリヂリになったって
もう迷わない また1から探しはじめるさ”
これは、三葉が彗星災害で亡くなってしまうシーンとリンクします。
そして、三葉との入れ替わりが止まったことで、瀧は記憶だけを頼りに”1から”三葉を探しに出かけます。

”むしろ0から また宇宙をはじめてみようか”
瀧は三葉を見つけることが出来ないことに気づきますが、それでも諦めず三葉と出会うために”0から”運命を変える決意をします。

”どっから話すかな 君が眠っていた間のストーリー
何億 何光年分の物語を語りにきたんだよ”
劇中で、眠っている(入れ替わっている)間の記憶は二人にはないので、相手が自分で何をしたのかがわかりません。出会って初めて話ができるということです。

”そんな革命前夜の僕らを誰が止めるというんだろう
もう迷わない 君のハートに旗を立てるよ”
革命前夜というのは、ティアマト彗星の落下前夜の避難計画のことですね。

”君は僕から諦め方を 奪い取ったの”
瀧は三葉と出会うこと、救うことを決して諦めません。
絶対に三葉という”運命の人”と出会うという瀧の決意が表れていますね。

こうして見てみると、曲と映画の内容がしっかりマッチしていることが分かります。
ノリのいい曲なので、単純にカラオケで歌ったりライブで聴いても盛り上がりそうですが、歌詞と映画の内容を合わせて考えながら、改めて曲を聴いたら新たな発見があるかもしれません。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪