映画では時に音楽が重要な役割を果たします。音楽によって、映画を観ている人の感情が刺激され、より映画への気持ちを掻き立てられます。

君の名はで注目の新海監督作品のアニメ映画、秒速5センチメートルの主題歌や挿入歌について、どんな曲が使われているのか詳しく調べてみたいと思います。

 >>>秒速5センチメートル 主題歌の歌詞の意味とは

 

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

秒速5センチメートル主題歌は山崎まさよしの名曲

 

主題歌は山崎まさよしの名曲、One more time, One more chanceです。この曲は、上京してなかなか歌手としてデビューができない時期に、不安と迷いを感じながら書いた曲です。

 

出典:http://www.cwfilms

本人主演の映画、月とキャベツの主題歌になり、1997年1月に発売されました。山崎まさよしにとっては初のヒット曲となり、その後秒速5センチメートルの主題歌にもなり、再度注目されることとなります。2007年に、One more time, One more chance秒速5センチメートルSpecial Editionとして再度シングルリリースされます。

 

 

One more time, One more chanceの歌詞の意味や解釈

出典:https://www.amazon

 この曲に関しては、歌詞の解釈の仕方がいろいろあるようです。大好きだった人を亡くして、その人を忘れられずに面影を追っているという解釈をする人もいます。山崎まさよし本人はあまりこの曲の意味について語ってはいないようですので、本当の意味については定かではありません

 

上京後、デビューがままならない時期に書いた作品であるので、歌詞にいろいろな不安がこめられているように思われます。特に冒頭の、これ以上何を失えば心は許されるの、どれほどの痛みならばもういちど君に会える の部分は山崎まさよし自身が自分を見失い、苦しんでいる姿が描かれているような気がします。

 

そして、最初のサビの部分から、常にサビの部分には、いつでも捜しているよ、どっかに君の〇〇を~とあるので、本人がたくさんの迷いを抱え、自分自身がどこに向かっているのかを模索しつづけているのではないかと感じられます。

 

また、新しい朝という言葉もたくさん使われており、きっと夢をあきらめないで努力していけばいいことがあると、希望をもって進んでいこうとする決意がにじみでています。できないことはもう何もないという言葉からもそれが感じとれます。

 

詩や曲調からいろいろ想像しながら、この曲を自分なりに解釈をしていくのも楽しいかもしれません。

 

 

秒速5センチメートル その他の挿入歌の紹介

 

山崎まさよしの主題歌はエンディングにも使われていますが、他にも挿入歌として使われている曲がいくつかあります。

 

天門の音楽がところどころに効果的に使われており、とてもきれいな旋律で、映画への感情移入を促してくれます。主にゲームやアニメの音楽を作曲している方のようです。この映画で彼の音楽を聴いていると、切なさや苦しさなど様々な感情が沸き起こってくるようです。

 

また、LINDBERG君のいちばんに・・・、という曲はとても元気で楽しい曲です。2話にでてくる純粋な女の子の気持ちを表しているようでもあります。

 

出典:http://www.cwfilms

 あなたのための世界、というみずさわゆうきの曲も2話で挿入歌として使われています。不思議なリズムで、別の世界にきたような明るい気持ちにさせてくれる1曲です。

 

 

以上、秒速5センチメートルの音楽について調べてみました。音楽は映画にとって欠かせない重要な役割を果たすもので、音楽を作り出す側にもいろんなドラマがあるのだなと感じさせられました。

>>>秒速5センチメートルが地上波放送!時間や放送局は?