今、映画「君の名は。」が大ヒット上映中ですが、監督である新海誠さんの作品は他にどんなものがあるのでしょうか?
原作である小説も監督が自ら執筆している作品もあり、映像とはまた違った魅力に溢れています。
そこで今回は、新海誠監督の小説作品をランキング形式でまとめていこうと思います。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

新海誠監督のプロフィール

まずは監督のプロフィールから簡単にご紹介します。
1973年2月9日、長野県南佐久郡小海町で生まれました。
子供の時からSFや宇宙関係のものが好きだったそうです。
長野県野沢北高等学校を卒業したあと上京し、中央大学文学部に入学しました。
大学在学中は児童文学研究会で絵本の制作活動をしたり、ゲーム会社の日本ファルコムでアルバイトをしていました。
大学卒業後は、アルバイト先だった日本ファルコムに入社し、パソコンゲーム『英雄伝説 ガガーブトリロジー』や『イースIIエターナル』などのオープニングムービーを制作する傍らで、自主制作アニメーションを制作していました。夜中に帰宅したあとアニメーション制作を行い、翌朝は6時に起床し出社するというような生活を送っていたそうです。
努力の甲斐あって、1998年にeAT’98にて『遠い世界』で特別賞を、2000年に第12回CGアニメコンテストにて『彼女と彼女の猫』でグランプリを獲得しました。
2000年頃に日本ファルコムを退社して、現在はコミックス・ウェーブ・フィルムに所属しています。

新海誠監督の小説ランキング

1.言の葉の庭
新海監督が初めて「恋」をモチーフとして制作した作品です。

靴職人を目指す高校1年生のタカオと、生徒の嫌がらせよって退職に追い込まれたユキノの二人を中心に描かれた物語です。
二人はひょんなことから出会い、雨の日の午前だけの二人の秘密の時間が始まります。

タカオは自分の夢を語ったり、味覚障害を患っていたユキノはタカオの作る弁当に味を感じるようになったりと交流を続けるうちに、二人は互いに惹かれ合っていきます。

この物語において「雨」は、監督自身が「雨は3人目のキャラクターといっていいくらいウエイトがある」というほど大事な要素を含んでおり、たしかに、物語の8割以上が雨のシーンで構成されています。

小説版では、映画では触れられなかった2人の過去の出来事や、焦点があまり当てられなかった他のキャラクターについても描かれているため、映画を観た人にもおすすめできる内容となっています。

2.秒速5センチメートル
「桜花抄」、「コスモナウト」と合わせて、短編3話の連作構成で描かれた作品となっています。

メインキャラクターは遠野貴樹と篠原明里という2人の男女で、思春期特有のどこかもどかしい距離感を時間とともに追っていく内容となっています。
キャッチコピーの”どれほどの速さで生きれば、きみにまた会えるのか。”も人々の心を打ちました。
一方で、『鬱作品』としても知られており、当時映画を見終わった人の中には「3日ほど引きずった」との声もあったほどです。

小説版では映画では見ることのできなかった、”渡せなかった手紙”の内容が知れたり、映画とはまた違った視点から描かれているので、映画を観ていても十分に楽しめる内容になっています。

3.雲のむこう、約束の場所
戦後の日本を描いた新海誠監督の2作目の作品です。
小説は新海監督ではなく、加納 新太さんが執筆しています。また、小説だけでなく、佐原ミズさんによるコミカライズが連載されていました。

”もうひとつの戦後の世界”を舞台にした、異国である北海道に憧れを抱く二人の少年と一人の少女を中心に繰り広げられる物語です。

様々な賞を受賞している本作ですが、中でも「第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞」にて、宮崎駿監督の『ハウルの動く城』などを抑え受賞したことで、当時かなり話題を呼びました。

新海誠監督作品の特徴であるSFと青春が丁寧に描かれた作品で、”ユニオン”などの独特の設定が面白く、ファンの間でも評価の高い作品となっています。

個人的に一番オススメな小説

やはり最新作の「君の名は。」をオススメします。

本作のキャッチコピーは「まだ会ったことのない君を、探している」で、全く違う土地に暮らす少年と少女が主人公の物語です。

実は映画よりも先に小説が発売されており、これは新海監督の作品としては初めてのことでした。
映画の制作も終わり頃になってから執筆された作品で、監督自身は「小説と映画どちらが原作なのかと問われると微妙なところ」と、あとがきに書いています。

映画と小説で物語の大きな差異はありませんが、やはり映像だけでは汲み取れない部分や、文章ならではの良さがあるので、映画を観た後でも一読の価値がある作品になっています。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪