公開当初から大人気の映画「君の名は。」ですが、現在も興行収入を伸ばし続けています。
今回は、大ヒットアニメ映画「君の名は。」の興行収入の推移やヒットした要因をまとめていきたいと思います。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

「君の名は」興行収入の推移

8月26日に公開した映画「君の名は。」ですが、内容はもちろんのこと、その興行収入の推移が異例だと話題になっています。

9月3日時点で27億円を突破、

5日には38億円突破、

12日には62億円を突破…と怒涛の勢いで伸び続けています。

その後も、9月23日に100億円を突破し、10月17日時点では150億円を突破しました。
中でも土曜日の興行収入が初週<2週目<3週目、とドンドン増え続けているのが異例中の異例だそうです。

歴代日本アニメ映画の興行収入ランキング

数字だけで見ても、なんとなくその凄さは感じられますが、もっと分かりやすくするために他の日本アニメ映画と比べて見ます。
歴代興行収入1位はジブリの「千と千尋の神隠し」304億円、2位はディズニーの「アナと雪の女王」254.8億円、3位はジブリの「ハウルの動く城」196億円…と以下12位までディズニーとジブリで埋め尽くされています。
現在、「君の名は。」の興行収入は150億円を突破したので、第8位のジブリの「崖の上のポニョ」の155億円に到達する勢いです。
1位から12位までジブリとディズニーの独壇場だったランキングに、新海監督作品が食い込んでいるという状況を考えると、ものすごい快挙ですね。
さらに、興行収入100億円を突破したアニメ邦画は、ジブリ以外では初めてのことなので、「君の名は。」が異例のヒット作品であることがわかります。

「君の名は」がヒットした要因とは?

では、「君の名は。」がここまで大ヒットしたのはなぜなのでしょうか?その要因をまとめていきます。

”情景描写が美しい!”
ヒットの要因として、まずはアニメーションの美しさが挙げられるでしょう。
空模様や町並み、緻密に描かれたビル群、どこか懐かしい田舎の風景など、新海監督ならではの鮮やかな表現に圧倒されます。それが、劇場の大画面でもう一度観たいという声に繋がり、リピーターが増えているというわけですね。

”年齢層を選ばない、幅広い層に通じる物語”
これまでの新海監督の作品は、”鬱作品”とも呼ばれていることから分かるように、好みが別れるテイストの物語でした。
ところが「君の名は。」については、誰がどう見てもハッピーエンドのストーリーになっていて、それが幅広い層に受け入れられたのではないかと考えます。

”ふんだんに取り入れられたコメディ要素”
これまでの新海監督作品ともう一つ大きく違うところが、ふんだんに取り入れられた”コメディ要素”です。
入れ替わりによる慣れない環境を、必死で乗り越える二人のドタバタ感や、忙しなく変わる表情は、見ていて退屈しません。
過去作品のように2回目を観るのが少し辛いな……と感じてしまう重苦しさがない、このライト感が、繰り返し見たくなり、リピーターにつながったのかもしれませんね。

”主題歌が物語の内容にピッタリ”
RADWIMPSの書き下ろした主題歌が、作品のテーマになっているほどぴったりとマッチしています。
実際、新海監督はインタビューで「前前前世」や「スパークリング」を聴きながらコンテを書いているうちに、シナリオが変わっていったと話しています。まるで登場人物の一人であるかのようにRADWIMPSの楽曲を、大切に映画の中に組み込んだことによって、音楽と映像の相乗効果が生まれ、感動が倍増する要因になっているといえるでしょう。

以上、映画「君の名は。」がヒットした要因をまとめてみました。
まだ観ていないという方は、是非劇場の大きなスクリーンで美しいアニメーションを体感してみてください!

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪