秒速5センチメートルには映画や小説のほかに、漫画もあります。漫画はどんな内容なのか、映画や小説と違うのか具体的に見てみたいと思います。

★新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれてオススメです♪

⇒ U-NEXT

秒速5センチメートルの漫画とは

秒速5センチメートルの漫画は、2010年7月より月刊アフタヌーンで連載が開始され、2011年5月号まで続きました。絵は清家雪子が書いており、2巻の単行本となりました。

映画が最初に公開された後に、小説が出版され、漫画での連載が開始されています。映画や小説と基本的な部分は同じですが、細かい内容が描かれており、漫画をみることにより映画や小説ではわからなかった部分が明らかになっていきます。発売された順番に見ていくと、気になっていた部分が徐々に明らかになり、楽しいかもしれませんね。

秒速5センチメートル ネタバレ 漫画の結末は?

小学生の時に、東京に住む貴樹のクラスに明里が転校してきます。貴樹はぜんそくに苦しみ、明里はすぐに熱をだしたりと二人はともに身体が弱く、読書が趣味ということで意気投合します。帰り道や図書館などでたわいもない話をしながら、二人は互いに特別な思いを抱くようになっていくのです。

しかし、小学校卒業と同時に明里が栃木へ転校することが決まり、二人は離れ離れになってしまいます。半年後、明里から手紙が届いたことをきっかけに二人の文通が始まりますが、貴樹は鹿児島へ引っ越すことになってしまうのです。

二人は明里の住んでいる栃木で会うことを決め、待ち合わせますが、その日関東は大雪に見舞われ、電車が大幅に遅れてしまうのです。

それでも二人は再会を果たし、明里の作ってくれたお弁当を食べ、一晩中小屋で話をして過ごします。翌朝、帰りの電車に乗る貴樹に、明里は、「貴樹君はこの先も大丈夫だと思う、ぜったい。」といいます。結局互いに書いた手紙は、お互いの手に渡ることはありませんでした。

舞台は鹿児島へとうつります。貴樹はいつしか手紙が途絶えてしまった明里のことを忘れられずにいました。貴樹の同級生の花苗は、貴樹に想いを寄せていますが、告白できずにいました。貴樹は気をもたせるようなことばかりいいますが、本心はつかめません。

趣味のサーフィンもがうまくいかずに悩んでいた花苗は、ある日波に久々にうまく乗ることができたのをきっかけに貴樹に告白することを決意しますが、結局貴樹の心が自分にないことを知った花苗は告白をあきらめてしまうのでした。

社会人になった貴樹は東京で仕事に明け暮れていました。東京でつきあっていた恋人とも前に進むことができずに別れてしまいます。その後仕事を辞めた貴樹は、今までとは違う自分の道を進んでいこうとするのです。

明里は結婚し、二人はあるとき踏切ですれ違います。貴樹は振り返りますが、明里は振り返ることはありませんでした。電車が過ぎ去った後、明里をいないことを確認した貴樹は微笑みながら、前に進んでいきます。その後ろ姿に小学生の明里が手を振っていました。

最後に漫画だけのオリジナルストーリーの花苗の話があります。種子島に戻った花苗はに行きますが、貴樹に会うことはできませんでした。電話番号もわかったのですが、花苗は会うことをやめ、種子島へ戻ろうとしたとき、貴樹らしき男性が現れる、というシーンでこの漫画は終わります。

秒速5センチメートルの感想

漫画版には映画や小説にはない細かなストーリーがあり、映画や小説を見た後にもさらに楽しめました。また、基本的なストーリーは一緒ですが、微妙な違いを楽しみながら読み進めていくと、他とはまた違った感情が沸き起こり面白いです。

漫画においてもそうですが、とにかくストーリーにのめりこんでしまいます。貴樹の揺れ動く微妙な感情に私自身も共感してしまい、つらい気持ちになったり、前向きな気持ちになってしまいました。

あの踏切のラストシーンは、貴樹にとって未来に向かって進んでいくために必要なものであったような気もします。切ないだけではなく、希望のもてるストーリーで、とても楽しめました。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪