映画「君の名は。」は、国内映画興行収入ランキングの記録を塗り替え、いまだ快進撃を続けています。東京の高校生、立花瀧と田舎町に住む宮水三葉の心が入れ替わり、その二人が出会うまでの物語です。

この映画に出てくる主人公の立花瀧は、ネットでもかっこいい、イケメンとツィートされるなど評判になっています。では、その気になる立花瀧の身長や、高校について詳しく見ていきたいと思います。

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

立花瀧の身長は?

立花瀧の身長はどのくらいなのでしょうか?ネット上では178cmだという噂がありますね。一方で178cmでは背が高すぎるので、170cm前後ではないかという噂もあります。

 

オープニングで瀧と三葉が並んで映っているシーンがあります。始めは2人ともほぼ同じくらいの身長なのですが、次に瀧が高校生の時の姿に変化し、高校生の三葉と並ぶシーンに変わると、瀧の方が身長が高くなっています。瀧が成長するにつれて身長が伸びている様子がよくわかりますね。

立花瀧の高校とそのモデル

 出典:http://arch-hiroshima.main.jp/

 では、立花瀧の高校とそのモデルはどこなのでしょうか?瀧の通う高校のモデルは広島市中区にある広島市立基町高等学校であると言われています。近代的な校舎がとても特徴的で、吹き抜けになっており、エスカレーターもあるので、内部を見ると高校とは思えないような造りになっています。図書館も校舎とは別にあるので、まるで大学みたいな造りの高校ですね。ぜひ、通ってみたいと思う人も多いかもしれません。

 

広島市立基町高等学校は、1942年に広島市立中学校として開校しました。梅田スカイビルなどを手掛けた建築家の原広司が設計し、2000年に今の校舎となったようです。普通科に加え、美術系のコースもあり、多くの生徒が大学へ進学するようです。

出典:http://www.motomachi-h.edu.city.hiroshima.jp

どうしてこの高校がモデルとして選ばれたのかも気になりますね。このように近代的な高校はなかなかないので、監督がぜひモデルにしたいと思ったのかもしれませんが、作画担当の安藤雅司が広島県出身のようなので、この高校を知っていて選んだのではないかという話もあります。

 

また、基町高校は、田中くんはいつもけだるげというアニメでもモデルとなっているようです。この高校をモデルとしたい気持ちもわかるような気がしますね。聖地が自分の通う高校であると誇らしい気持ちになれそうです。

高校の外観は、また別の高校がモデルとなっているようです。東京の新宿にある東京都立新宿高校がそのモデルだそうです。瀧が通っている高校は東京という設定なので、東京にある高校が選ばれたのかもしれないですね。

 

以上、立花瀧の身長や通う高校のモデルについて詳しく見てきました。身長については憶測でしかわかりませんが、自分の中で瀧のことをいろいろ想像してみるのも楽しいかもしれません。高校についても、詳しくわかると興味がわき、聖地のひとつとして一度足を運んでみたくなりますね。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪