新海誠監督の作品で、人気の高い「ほしのこえ」について、今回はご紹介していきます。すでにDVD化もされていますが、みんなの評価や感想なども合わせてご紹介します。

★新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれてオススメです♪

⇒ U-NEXT

ほしのこえ DVD 概要(発売日、価格など)

2002年 4月19日(金) 発売、価格 5,800円(税別)、
発売元:(株)コミックス・ウェーブ

映像特典
①「ほしのこえ」動画コンテ(約23分)
②「ほしのこえ」予告編 1~4
③「彼女と彼女の猫」本編・英語字幕版 3分版、ダイジェスト
④新海監督インタビュー(約8分30秒、製作苦労話など喋っています)

第一回新世紀東京国際アニメフェア・第7回アニメーション神戸・第6回文化庁メディア芸術祭・第8回
AMD AWARDデジタルコンテンツグランプリ2002受賞作品です。

新海監督の初の劇場公開作品(2002年 2/2公開)短編アニメーション映画がDVD化され、わずか1週間で1万枚売り切り国内では65,975枚、海外では58,463枚、計12万枚以上を売り上げ前代未聞の快挙を成し遂げたDVDです。 キャッチコピーは「私たちは、たぶん、宇宙と地上にひきさかれる恋人の、最初の世代だ。」です。ちょっと長いですね!

2046年、近未来舞台で、携帯電話のメールをモチーフに、宇宙に旅立った少女’みかこ’と地球に残った少年’のぼる’の遠距離恋愛を描いた作品です。

ほしのこえ DVDの評価は?

新海監督がたった1人で映画を作り上げた事に感銘を受けている人が沢山います。アニメーションの作品としては完成度がケタ外れに高く、自主製作アニメの世界に革命を起こした奇跡のような作品だとの声もあります。人物画は少し雑さを感じるが、風景はさすが新海監督と思わせるクオリティの高さが光ります。

高橋しん原作漫画「最終兵器彼女」や岡田斗司夫原作、庵野秀明監督映画「トップをねらえ!」のパクリではないかとの賛否両論説もあります。ロボットの戦闘シーンもクオリティが高く非常に良く出来ています。
たった25分に凝縮された深い作品です。

ほしのこえ を見た感想

普通、戦いは男子というイメージがあるけれど、この作品は中学生の女の子が宇宙へ戦いに行く話です。そんなのありえないと思ったけれど、近未来の世界、何が起こるかはわからないので非常に深いと思います。

みかことのぼるは携帯でのメールによって繋がっているけれど、もちろん距離はすさまじく遠くて送受信もそれなりに時間がかかり、距離が遠くなればなるほど、更に時間がかかり2人の時間のズレが実に切なく描かれています。みかこが長距離ワープした後に送ったメールは片道8年7ヶ月かけてのぼるへと送信されましたが「24歳になったノボルくん、こんにちは!私は15歳のミカコだよ」とメールを送るときのみかこの姿は本当に切ないです。

のぼるもみかこに会うため努力を続けていたけれど、最後の「ここにいるよ」と2人の声が重なるシーンは胸にグッときました。距離だけなら乗り越えられるけれど、時間はどうだろうか?と観ている人に語りかけているような映画です。
25分がアッと言うまで、もう少し新海ワールドに浸りたいと思わせてくれます。

みかこは戦闘後どうなったの?みかことのぼるは会えたのかな?観た人によりラストは変化する、そんな感想をもったストーリーです。

★全作品みた?新海誠映画を無料で見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料で、最新作もみれますよ♪

⇒ U-NEXT

一気にまとめてみることもできるのでオススメです。
新海作品は何度も見ないと分からないので、あえて映画館では見ないというコアファンもいるんですよね。 何度も見返して、より新海ワールドを楽しんじゃいましょう♪