映画「君の名は。」が大ヒットを記録し、人気を博しています。
「君の名は。」の作中でも登場する「口噛み酒」がネットでも話題になっていて、ついにその通販が開始されたと噂になっています。
今回はそんな「口噛み酒」についてまとめていきます。

>>>【君の名はネタバレ】時間軸と伏線を解説

口噛み酒の通販とは?

出典:http://www.watanabeshuzouten

米などの穀物を口に含み、咀嚼してから入れ物に戻し、それを放置して発酵させるという特殊な製造方法から、とても関心を集めている「口噛み酒」ですが、販売が開始されたということで、さらに話題になっています。

販売を開始したのは「渡辺酒造」というお店で、詳細をよく見てみると口噛み酒”風”とのことです。
実際に巫女さんが咀嚼して発酵させたものではなく、お酒自体は一般的な純米吟醸酒となっています。

ではどこが”口噛み酒風”なのでしょうか?
渡辺酒造のサイト(http://www.watanabeshuzouten.com/fs/watanabeshuzou/all/114)を見てみると、映画で出てきた口噛み酒が入っていた入れ物にそっくりな容器が出てきます。
これは確かに、「君の名は。」ファンなら欲しくなってしまう一品ですね。

出典:http://www.watanabeshuzouten

正式名称は「蓬莱 聖地の酒、価格は3,240円で、3,000本の限定販売ということなので、手に入れたい方は早めに購入した方が良さそうです!

販売する渡辺酒造とは

口噛み酒風のお酒を販売している渡辺酒造とはどんなお店なのでしょうか?簡単にご紹介します。

出典:http://www.watanabeshuzouten

岐阜県飛騨地方にある創業明治3年の老舗の酒造メーカーです。「日本で一番笑顔あふれる蔵」というキャッチフレーズを掲げ、全国の酒類コンクールで第1位を受賞しています。他にもモンドセレクション10年連続最高金賞、国際品質審査会最高三ツ星受賞、全米日本酒鑑評会金賞、BTI最高金賞など、数々の賞を受賞した実績もあります。
「君の名は。」のモデルとなった飛騨地方の酒造なので、映画のヒットにちなみ、作品をイメージした日本酒を製造したということです。

口噛み酒 作ってみたという動画も話題

さすがに、販売している”口噛み酒”は容器が「君の名は。」をイメージしたお酒ということでしたが、実際に口噛み酒を作ってみたという動画も話題になっています。
こちらの動画を御覧ください。

作り方は、デンプン質を多く含む穀類などを炊いてから口に含み、10分以上かみ続け、穀類の粒を完全に潰し液体状にしてから容器に吐き出します。
容器がいっぱいになったらフタをして、温かいところで一晩寝かせれば、唾液で糖化されたデンプンが発酵し、口噛み酒が完成します。
実際には、雑菌の繁殖により衛生上とても不安なので、自作して飲むのは控えたほうが良さそうですね……。

また、劇中でも四葉の商品化しようという提案に、三葉が酒税法にひっかかる!と返していましたが、アルコール1%以上のお酒を製造するには製造免許が必要なので、許可を受けずに製造すると、酒税法に違反してしまいます。
口噛み酒はアルコール度数がとても低いお酒なのでアルコール度数1%未満であれば問題はないのですが、気をつけるにこしたことはありませんね。

渡辺酒造のサイト(http://www.watanabeshuzouten.com/fs/watanabeshuzou/all/114)

>>>君の名は dvd化 発売日はいつ?値段やAmazonやセブンネット特典まとめ