映画「君の名は。」は、伏線が多く一度見ただけで全てを理解するのは難しいかもしれません。その分、後から意味を知って「そうだったのか~!」と感心したり、何回も見返す楽しみがある映画だと思います。今回は、「君の名は。」で三葉と瀧が涙を流して目覚めるシーンに注目してみました。

>>>君の名は評価がいい理由!声優の演技が素晴らしい

君の名は 涙を流して起きるシーン

主人公の1人、瀧くんが三葉ちゃんに入れ替わっている時に、三葉の実家の神社のご神体に口噛み酒を奉納しに行くのだけれど、奉納して夕日を眺めている時に、一葉おばあちゃんに「三葉、いま夢を見とるな」と言われ、その後 瀧本人として目覚めた時に涙を流しているシーンです。同じころ鏡の前で学校へ行く支度をしている三葉も涙を流しています。

出典:http://www.kiminona

君の名は 涙を流して目覚めるのはなぜ?

この作品の監督である新海誠監督いわく、学生時代、帰り道でキレイな夕陽を見て訳もなく涙が出た時がありツライことや悲しいことがあったわけでもないのに、その瞬間は自分もこの風景の一部だということに感動し涙が出たと話されていました。いつの時代でも若者は、‘自分は誰なのか’などと悩み模索しているけれど、ふとした瞬間に自分はここにいるんだと確信でき、そのことに感動し涙がこぼれたりする時があるんだと思います。

瀧くんが流した涙もそんな涙だったんじゃないでしょうか?

 

ちなみに、三葉が流した涙は、瀧くんが奥村先輩をデートに誘い、それを良かったなぁと思う反面、実は自分も瀧くんに好意を抱いていたことを悟ってしまったため流した涙かなと思いました。

 

君の名は 感動の涙が止まらない!(見た人の感想)

今まさに、社会現象を起こしているこの映画は、感動したという人で溢れかえっています。

いろいろな感動の意見があるので、紹介していきます。

 

感動し2回見に行ったら、またスグに3回目も行きたくなった。何回でも見たいという人がとても多く、リピーターも数多くいらっしゃいます。

 

主演2人の声が瀧&三葉のイメージにピッタリで声の質、表現力などとにかく素晴らしかった。

2人の住む対照的な街、糸守と東京がどちらも魅力たっぷりに描かれていて、瀧の住む大都会でアグレッシブな東京と、自然の美しい神秘的で田舎特有の雰囲気がすごく良い糸守、どちらも誰もが訪れてみたくなるような魅力ある街の描き方が素晴らしい。そしてその素晴らしさから聖地として本当に人気も出てしまうんだなぁと思います。

 

劇中でのRADWINPSの曲が映像とすごく合い音楽と映像のリンクに感動し涙がこぼれた人もたくさんいます。

出典:http://www.kiminona

そして、2人の距離感が絶望的に遠いけれど、気持ちは苦しいほど近くて、お互いすごく魅かれあっているのに届かない距離がもどかしくて、お互いを必死に探す2人の姿に胸を打たれ涙した人がたくさんいます。

2人の結びつきがとても強く、瀧くんが手のひらに書いてくれた「すきだ」の文字に泣かされた人もたくさんいます。ラストシーンも一度すれ違ってから、振り向いて声をかけるところの2人の間が絶妙でお互いの心情が痛いほど伝わってきて、すごくステキで、涙がボロボロこぼれてしまった人もたくさんいます。そして「なんでもないや」が流れ始めた瞬間に、こらえきれない涙があふれ出てきたという人もいます。RADWINPSの曲は本当に合ってるし、泣かせてくれます。

 

期待を裏切らない終わり方で、ハッピーエンドで終わりホッとして涙がこぼれた人もいます。

最初から、ありえない話だなと思ってみているけれど、どんどん感情移入し引き込まれ2人を応援したくなり、最後は2人が出会えて「きみの名前は?」で締めくくりなんて、ステキすぎてこんなに胸がときめく映画にはそうそう出会えないので、ときめきたい人には是非みてほしい映画です。

>>>君の名は主題歌4曲の動画は?歌の解釈や登場シーンについて