秒速5センチメートルには、映画小説漫画あります。今回は、ネタバレも含めながら小説と映画の違いについてみていきたいと思います。

 >>>秒速5センチメートルが地上波放送!時間や放送局は?

★「君の名は。」も!新海誠映画をタダで見る方法

新海誠監督の作品は、動画配信サイト"U-NEXT"で視聴できます。
登録から31日間無料!最新作「君の名は。」も、7月26日のDVD発売と同時に配信開始です♪

詳しくはコチラ
君の名は。動画フルを無料視聴できる方法をコッソリ公開中

秒速5センチメートルあらすじ

  第1話 桜花抄

 東京に住む小学生の貴樹のクラスに、明里という女の子が転校してきました。貴樹はぜんそくもちで、明里もすぐに熱をだしたりと身体が弱く、二人とも読書を趣味にしていました。共通項の多い二人は仲良くなり、図書館や帰り道に一緒にたわいもない話をしていくうちに、お互いに特別な感情を抱くようになります。

出典:http://www.cwfilms

 ずっと一緒にいられると信じていましたが、小学校卒業と同時に明里が栃木に転校することが決まってしまいます。それを告げられた貴樹は動揺し、二人の仲はうまくいかなくなってしまいます。

 

中学生になった二人は、貴樹は東京、明里は栃木で生活していましたが、互いのいない生活になかなか適応できずにいました。そんな中、明里は貴樹に手紙をだします。それをきっかけに二人は文通を始めるようになります。

 

しかし、今度は貴樹が鹿児島へ転校することが決まりました。もう会えなくなってしまうと焦りを感じた貴樹は、栃木に住む明里に会いに行こうと決意します。貴樹が栃木に行くと約束したその日、関東は大雪となり、貴樹の乗った電車も大幅に遅れてしまいます。

 

出典:http://www.cwfilms

 それでも、待合室で待っていてくれていた明里と再会することができ、二人は雪の降る中口づけをかわします。一晩中小屋で話をして過ごした翌朝、東京へ戻る電車に乗る貴樹に明里は、「貴樹君はこの先も大丈夫だと思う、ぜったい。」と告げます。結局、互いに書いた手紙は渡すことができませんでした。

 

 第2話 コスモナウト

高校生の花苗は東京から転校してきた貴樹に恋をしていました。でも、貴樹は誰にでも優しく、花苗をどう思っているのかよくわからず、告白できずにいました。花苗は自身の進路についても、趣味のサーフィンでも悩みをかかえていました。そんな時に、貴樹が東京の大学に進学することを知ってしまうのです。

出典:http://www.cwfilms

 悩んでいたサーフィンで久々に波に乗れた日、花苗は貴樹に告白することを決意します。

しかし、告白しようとしたその時、花苗は貴樹の自分への気持ちを知り告白することができませんでした。

 

 第3話 秒速5センチメートル

貴樹は東京で社会人になり、仕事に明け暮れていました。3年付き合った恋人もいましたが、結局振られてしまいます。

出典:http://www.cwfilms

 ある時、二人の思い出の踏切で貴樹と明里はすれ違います。貴樹も明里も振り返りますが、電車が二人の視界を遮りました。電車が通過した後、貴樹の見つめる先には誰もいませんでした。貴樹は微笑みながら、前をむいて歩き出すのです。最後のシーンがとても印象的ですね。

 

秒速5センチメートル ネタバレ小説と映画の違いは?

 

 では、映画と小説の違いはどんなところでしょうか?小説には、随所に、映画だけではわからない細かいエピソードが織り込まれています。特に第3話の部分が映画より詳細に描かれています。大学時代の貴樹の恋愛についてや、社会人になってからの恋人、水野理紗との別れがより細かく描かれているので、映画では知りえなかった貴樹を知ることができます。

 

出典:http://www.cwfilms

 また、映画では切ないだけのラストシーンと感じましたが、小説を読むと未来への希望が感じられるようなラストシーンで、救われる思いがしました。描き方によっていろんな見方ができ、映画や小説それぞれ楽しめる作品だと思います。

>>>秒速5センチメートルネタバレ【漫画編】